タイ進出企業の支援サポートブログ タイ・バンコクビジネスコラム

ワークパーミットなしは要注意!タイで、罰金50万円!! - タイ・バンコクビジネスコラムはタイ・バンコク進出企業のサポート支援情報から観光旅行やタイでこれから生活される日本人の方へタイ・バンコクの情勢や生活情報、観光旅行からタイのホテル情報までのタイのお役立ち情報を配信するタイ・バンコクブログです。

ワークパーミットなしは要注意!タイで、罰金50万円!!




日本人が関係する罰金は、そんなに多くはないと思います。道路でタバコのポイ捨て、スクインビットのソイ15から少し(約10メートルほど) アソークよりに二人のポリスがたまに張っています。私の友人が捕まりました。当初2000バーツというのですが、値切ると500バーツにまけてくれました。次に思い出すのが、交通違反。一旦停止、侵入禁止、飲酒運転、詳しく金額は知らないですが、タイ人なら200バーツ、日本人なら500バーツ(飲酒運転の罰金は知りません) とか?

この程度の罰金しか知らなかったのですが、最近お客様の社長より、50万円の罰金の話聞きました。

これは、ワークパーミットを持っていない日本人就労者の罰金で、2つの会社の社長と日本親会社からの応援社員がそれぞれ罰金約50万円を支払ったという話です。

2つの会社は、全く関係は無く、二社ともお客様の社長の知ってる先で、偶然所轄官庁(タイ労働省)からの立ち入り検査で摘発されたそうです。

所轄官庁の立ち入り検査が、偶然なのか、はたまたその会社に不法就労者がいるのを知っていたか?

当然、後者(その会社に不法就労者がいるのを知っていた。) の場合でした。理由は、タイ従業員のタレこみとのことです。その2社とも社長の評判はあまりよくなかったらしい。

ワークパーミットを持たない日本人は、タイの会社のパソコンの前に座らないように‼️2件のケースともパソコンの前に座っていて、官庁の担当者から、「パソコンに向かっているので、仕事している。」と見なされたそうです。



コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

朝日税理士法人
朝日ビジネスソリューション(タイランド)
朝日税理士法人全国ネットワーク