タイ進出企業の支援サポートブログ タイ・バンコクビジネスコラム

タイと日本の租税条約 - タイ・バンコクビジネスコラムはタイ・バンコク進出企業のサポート支援情報から観光旅行やタイでこれから生活される日本人の方へタイ・バンコクの情勢や生活情報、観光旅行からタイのホテル情報までのタイのお役立ち情報を配信するタイ・バンコクブログです。

タイと日本の租税条約




日本は、世界64か国と租税条約を締結していますがその中に給与に関する「183日条項」があります。これは、「短期滞在者免税」とも言われています。

タイ子会社に赴任した🅰さんが、タイ子会社から受ける給与は、タイにおいてのみ課税することができる。また、🅰さんがタイの居住者であっても、日本の親会社で勤務をして得た報酬は日本において租税を課すことができる。

ただし、上記に関わらず、タイの居住者である🅰さんが日本の親会社で勤務をして得た報酬に対して、次の(1)から(3)の条件を満たせば、タイにおいてのみ租税を課すことができる。

(1) タイ子会社の🅰さんの日本での滞在が183日を越えないこと。

(2) 報酬が、タイ子会社からのみ支給され、日本の親会社からは支給されないこと。

(3) 報酬が、タイ子会社を通じて、日本の親会社に負担されないこと。


コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

朝日税理士法人
朝日ビジネスソリューション(タイランド)
朝日税理士法人全国ネットワーク