タイ進出企業の支援サポートブログ タイ・バンコクビジネスコラム

タイなどの東南アジアで広がる、ビットコイン - タイ・バンコクビジネスコラムはタイ・バンコク進出企業のサポート支援情報から観光旅行やタイでこれから生活される日本人の方へタイ・バンコクの情勢や生活情報、観光旅行からタイのホテル情報までのタイのお役立ち情報を配信するタイ・バンコクブログです。

タイなどの東南アジアで広がる、ビットコイン




人口の約1割の1000万人が海外で働くフィリピンを筆頭に、インドネシアやタイなど東南アジアの国々は多くの労働者を国外に送り出している。安く簡単に故郷にお金を送れる仕組みへの期待は高く、各国でサービスが生まれている。

ビットコインとは、「2009年に作られたとされるインターネット上の仮想通貨。通常の通貨と異なり中央銀行などの発行主体を持たない。世界中とこにでも瞬時に送金できる半面、匿名性が高く犯罪に悪用されやすい問題もある。

以前、大手取引所マウントゴックス(東京)の経営破綻や中国当局の規制などで急落したが、現在では1ビット、230ドル程度で取引されている。

なぜ、送金手数料が安いのかは、香港からフィリピンに送金する事例の図を添付します。

今日の日経新聞参照。

 

ビットコインを使った香港からフィリピンへの送金例

ビットコインを使った香港からフィリピンへの送金例

 

ビットコインを使い、銀行口座のようにお金を預かるサ-ビスも始まった。フィリピンやインドネシアなどでは金融サ-ビスへのニ-ズは高いが、多くの人にとって銀行口座は「高嶺の花」で、持っている人は成人の2割程度にとどまる。

世界のビットコインの利用件数は1日当たり10万件程度とされる。1日1.5億回といわれるVISAの1500分の1ほどだ。ビットコインを使った送金サ-ビスをいち早く始めたフィリピンでも「この1年間の利用数は1万~2万件程度」だが、「利用は毎月2ケタ伸びている。」らしい。

 


コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

朝日税理士法人
朝日ビジネスソリューション(タイランド)
朝日税理士法人全国ネットワーク