タイ進出企業の支援サポートブログ タイ・バンコクビジネスコラム

タイはタックスヘイブン対象国 - タイ・バンコクビジネスコラムはタイ・バンコク進出企業のサポート支援情報から観光旅行やタイでこれから生活される日本人の方へタイ・バンコクの情勢や生活情報、観光旅行からタイのホテル情報までのタイのお役立ち情報を配信するタイ・バンコクブログです。

タイはタックスヘイブン対象国




タックスヘイブン対策税制とは、低税率(法人税率20%以下の国を言う。)にある海外子会社を利用した租税回避行為を防止するための日本の税制です。

ただ、最近は各国とも企業誘致のため法人税率を下げる国が増加しています。

このため、低税率か否かの基準を20%より引き下げて欲しいとの要望が、出ています。

タックスヘイブン対策税制による合算課税のイメージは、下記の図のとおりです。

合算課税のイメージ

図では、ケイマン子会社は、100の所得に対して、現地での納税をしていません。

しかし、タックスヘイブン対策税制の適用により、ケイマン子会社の所得が日本親会社の所得(親会社の所得を0と仮定)に合算され、結果として36%という高税率で課税されています。

実際には、合算課税の対象となる金額は、特定外国子会社等の所得に一定の調整を加えた金額のうち、親会社の直接及び間接の保有割合に対応する部分となります。

なお、タックスヘイブン対策税制の適用があるか否かは、ペ-パ-カンパニ-か否かであるため、タイの子会社に実態があれば適用はありません。

 


コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

朝日税理士法人
朝日ビジネスソリューション(タイランド)
朝日税理士法人全国ネットワーク