タイ進出企業の支援サポートブログ タイ・バンコクビジネスコラム

BOIの簡単な流れ - タイ・バンコクビジネスコラムはタイ・バンコク進出企業のサポート支援情報から観光旅行やタイでこれから生活される日本人の方へタイ・バンコクの情勢や生活情報、観光旅行からタイのホテル情報までのタイのお役立ち情報を配信するタイ・バンコクブログです。

BOIの簡単な流れ

タグ:



 

1.認可を申請する。

2、認可が下りる。(これを、一般的にBOI仮承認といいます。)

3.認可が下りてから1ヶ月以内に認可を受諾するか、辞退するかを返答する。(会社の設立は、認可を受諾する返答をしてから6ヶ月以内にしなければならない。ただし、延長可能です)

4、認可を受諾する返答を出してから6ヶ月以内に奨励証書発行申請をする。(これを、本承認の認定書申請にあたる)

5.奨励証書が発行されてから6ヶ月、1年、2年が経過したとき、進捗状況の報告を出す。

6、奨励証書が発行されてから36ヶ月以内に「操業開始許可申請」を出す。

これに伴う、資本金の払い込み時期。

BOIの申請時点で、資本金を1.5億バーツで申請した場合。

奨励証書には「会社の登録資本金は、1.5億バーツ以上でなければならない」と定められるはずです。この場合、資本金1.5億バーツで会社を設立しなければなりませんが、会社設立は25%の払い込みで出来ますから、当初の払い込みは3,750万バーツで会社は設立出来ます。つまり、会社設立してから15日以内に3750万バーツを会社の口座に入れておかなければなりません。

そして、残り1.125億バーツは「操業開始許可申請」つまり、奨励証書が発行されて36ヶ月以内に振り込めばいいです。

 


コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

朝日税理士法人
朝日ビジネスソリューション(タイランド)
朝日税理士法人全国ネットワーク