タイ進出企業の支援サポートブログ タイ・バンコクビジネスコラム

タイ・バンコクビジネスコラムはタイ・バンコク進出企業のサポート支援情報から観光旅行やタイでこれから生活される日本人の方へタイ・バンコクの情勢や生活情報、観光旅行からタイのホテル情報までのタイのお役立ち情報を配信するタイ・バンコクブログです。

BOIタイビジネスミッション③

5/14 8時過ぎ 今日は、BITECにて行われる「SUBCON Thailand 2015 下請け業者展」を午前中は見て回ります。

バスに揺られること30分でBITECに到着。近代的な建物です。

20150514_162549

中に入ってみると、すごい数のブースが…。

下請け業者展に行って何をしようかと思いながらパンフレットを模索…。

20150514_100602

タイ事務所でお世話になっている、S電機さんを発見! 早速ブースへ

取扱商品のメインは送風機。日本はもちろんタイでも評判いいみたいです。

ただブースに展示していた商品はウォーキングサポートマシン?

下半身をドーム状の機械の中にいれ体重負荷を50%ぐらいまで軽減できる。

膝が痛くて歩けない方やリハビリの手助けにもなるし、トップアスリート向けのランニング強化マシンにもなるみたいです。

いざ体験!

下半身がどんどん軽くなり歩行スピードを時速10キロにしても軽く歩けます。

観客が集まりだし、少しはお役に立てたかなと思いつつ終了。

負荷軽減を終了したと同時にズシッと体が重い…。

CMか何かで 体重が重い→膝が悪くなる→歩けない→体重増えるみたいなのを見たことがあります。

この装置を使えばそんな悩みも解消できそう。

成功している会社は社会貢献も考えた商品作りをしているのだなと感心しながら歩いていると「Iさん?」

昨日お世話になったIさんが前から歩いて近づいてきます。

なんでも工業団地への誘致のため営業回りをしているとのこと。

何かしらの縁を感じるIさん。今度またタイに来たときには連絡するので、仕事以外のことも教えてくださいと電話番号を交換。

あっと言う間に午前が終わり昼食をBITECの食堂で頂いたのですが、メチャ美味い

今までタイで食べたどのレストランより美味い。

私だけでなく他の方も美味しいと言われていたので間違いないと思います。

藤原


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

ASEAN経済統合まで半年

ASEANの「単一市場、生産基地」は道半ば。

しかし、その中で物品貿易の自由化は相当進んでいる。統合分野の主な措置は、次の5分野です。

1.物品の自由化な移動

関税撤廃(全品目の96%). 貿易円滑化(ASEAN進出の日系企業は、関税の削減と通関手続きの簡素化・迅速化に期待している。) 非関税障壁撤廃(これについては、成果はまだ限定的)

2.サービスの自由な移動

サービス貿易の自由化(外資規制緩和含む)  この中で最も重要な目標は、128業種のサービス業を対象に、加盟各国が域内企業からの出資を段階的に自由化すること。そして、10段階の自由化の約束表(パッケージ)の15年度中の完了時に全ての業種で70%以上の外資出資を容認することの2点に集約される。

3.投資の自由な移動

投資保護・促進・規制緩和。

4.熟練労働者の自由な移動

貿易・投資従事者の移動促進・専門家資格の相互承認(8つの資格分野で相互承認署名・発効

5.資本のより自由な移動

資本市場の開発・統合(一部加盟各国の証券取引所連携)

今日の日経新聞参照

  


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

朝日ビジネスタイランドの歓送迎会

新人3名と一人の送別会に、トクタク(コンサル部門)の昇進祝いの会を、スクインビットsoi11の卯月でしました。タイ人スタッフは、最初は静かに食べて飲んでいましたが、だんだん盛り上がりました。

   

  

 これからも、スタッフ一丸となり益々頑張りますとのことです  
 


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

朝日ビジネス・タイランドの朝礼風景

ニュースリリースにも記載しましたが、今月初めに新しいスタッフが3人入社し、総勢23名になりました。

日本人3名(内日本国公認会計士1名、タイ語可1名)にタイ人20名(内弁護士2名.日本語可2名)で、迅速なサービス提供を目指しております。

サービスメニューは、弊社のホームページをご覧ください。


  


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

タイとミャンマーとの貿易活発

東西経済回廊、この夏ミャンマー区間開通。東西経済回廊とは、ベトナム中部ダナンからラオス、タイを経てミャンマー南東ブモーラミャインに抜ける総延長1500キロの国際道路。

ベトナム・ホーチミンとタイ・バンコクを結ぶ南部経済回廊。中国・昆明とバンコクを結ぶ南北経済回廊と並び、域内交通の大動脈となっている。東西経済回廊内の橋やトンネルの建設工事には日系企業が関わり、多くの円借款が用いられている。

 

日経新聞の記事

日経新聞の記事

 
  


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

非居住者に係る金融口座情報の国どうしの開示ーその2

実務上の留意点

1.租税回避等の防止効果

この情報交換 制度は、我が国の金融機関に口座を設ける非居住者の利息、配当等の所得に係る情報が、外国の税務当局に報告されるとともに、当然のことながら、外国の税務当局から、その外国における我が国居住者の設けた預金口座係るが日本の税務当局に報告されることになる。

この情報交換制度が想定通りに機能すれば、税務当局にとって有益な情報の入手が可能になり、我が国の居住者による海外取引を通じた脱税、租税回避の防止に役立つものと考えられる。

2.金融機関の事務は負担の増大

この情報交換制度は、報告金融機関が預貯金の口座を設ける者について届け出書を提出させ、その者の居住地国に係る情報、報告事項を特定し、その報告事項を翌年4月30日までに税務署長に提出することが前提とされた制度である。報告金融機関においては、これらの報告事項の特定や報告事業の税務署長への提供など、所定の事務手続きが増大することになる。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

非居住者に係る金融口座情報の国どうしの開示

日本の今年の税制改正の中で、資産家や多国籍企業などが、その居住地とは別の国外での取引を通じて様々な脱税や租税回避が行われていることが明らかになっています。

これに対処するため、G20会議で決まったことは、以前このブログで紹介しました。

これに関してのイメージ図(財務省資料)を添付します。

改正内容

1.平成29年1月1日より、預貯金取引開始時に、海外取引を行う場合、当該金融機関の営業所等の長に届け出書を提出しなければならない。

2.届け出書を提出したものは、居住地国の異動があった場合、異動の届け出を、当該金融機関に出さなければならない。

3.報告金融機関は、その者の居住地国を特定しなければならない。

4.報告事項の税務署長への提出。報告金融機関は、その年の12月31日において、報告対象口座がある場合、その情報を報告金融機関の本店所在地の所轄税務署長に提出しなければならない。

これらの改正は、平成29年1月1日より適用になります。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

BOIタイビジネスミッション ②おまけ

工業団地のIさん(前回の続き)

この日本人Iさんは5年ほど前からタイにてタイ語ペラペラ、顔は伊藤淳史に似ていて、よくしゃべりとても気さくで直ぐに打ち解けることが出来、一人ぼっちの私にとって頼もしい方でした。

丸一日ほぼ2人で話をしていたのでIさんのタイでの色々な話を聞くことが出来て、とても楽しかったです。

驚いた話

コオロギを食べるときはチクチクするので足は取って食べてね。

バンコクのねずみは残飯食べてるからダメだけど田舎のねずみは美味いよ。

タイ人は体調不良のときにはスプライトを薬代わりに飲むよ。

 

その他にも現地採用の日本人従業員は駐在で来る日本人と比べて給与の面や諸待遇に差があるのは仕方の無いことかもしれないが、タイ人の給与がどんどん上がっているのに現地採用日本人だけが取り残されている感がするとおっしゃっていました。

その話しを聞いて確かにタイ人スタッフは給与を毎年上げていかないと会社を辞めてしまうから仕方なくベースアップをしている話しをよく聞くが、駐在員及び現地採用の日本人は、そもそも辞めるとかの発想が無く、ベースアップしなくても我慢強く働いてくれるものって感覚がどこかにある様に思います。

タイ人スタッフにはマネージャー(タイ人・日本人問わず)が福利厚生等のサポートをしてくれますが、日本人に対しては現地社長もしくは本社の海外事業部長がサポートしてあげないと、いつか我慢の限界がきて、気づいた時には優秀な日本人スタッフが辞めてしまう事だってありえます。

日本にいる私たちは、異国の地で働いてくれている日本人スタッフへの感謝の気持ちや気遣いを日々の仕事の中で忘れがちになってしまいます。

Iさんに出会え、そんな気持ちを思い起こさせてくれただけでもタイに来た甲斐があったかな。      藤原


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

多国籍企業に絡んだ税務紛争  なぜ増える

巧みな節税策を練る多国籍企業

・税逃れは許さないと追いすがる国税当局

女神(国際税務訴訟の弁護士宮崎裕子氏)連勝、窮地の国税当局

・疑わしきは課税できず

こんな記事が、今日の日経新聞に載っています。今の、課税当局は国際取引による節税策を「著しい不公平感を免れない?」とか「税逃れはけしからん」「悪い税逃れだ」的感覚で課税してきた結果、課税の法的根拠がどこかという厳格な検証がおろそかになっているとのことです。

もう一つの記事は、経済のグローバル化と新興国の台頭で、税率の低い国の海外子会社に利益を移したとみなし、親会社に課税する「移転価格税制」など国ごとに異なる課税ルールが紛争要因となっている。

新興国が台頭して、税務紛争は一段と複雑化してきた。先進国だけなら、OECDのルールが共有できるが、新興国にも事情があり先進国のルールが通用しない。

国をまたがる税務紛争の未解決事案は、年間400件あり、10年で2倍に膨れ、未解決事案は増加の一途であるそうです。

こうしたことから、多国籍企業が生み出す富を囲い込みたい国どうしのせめぎ合いと最適な税務戦略を練る企業で国際課税が揺れている。

 

今日の日経新聞

今日の日経新聞

 


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

日本人から聞いたタイ人気質

タイ在住日本人から聞いた、タイ人の言い訳小話。 

計算結果の間違いが多いよとの指摘に対し

・タイ人「今日は二日酔いなのです。」              そうなん?それは仕方ないねー。二日酔いだから  58+79→5879なんだね!

タイ人「本当はわかっていたのです.」

そうなん?わかっているなら、実力の出し惜しみしないでくださいよ〜〜

🅰会社の請求書、まだ送っていないの!

タイ人「🅱会社に、送りました。」

そうなん?🅱会社に送った?あなたは、次の就職先を探したら?


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください
朝日税理士法人
朝日ビジネスソリューション(タイランド)
朝日税理士法人全国ネットワーク