タイ進出企業の支援サポートブログ タイ・バンコクビジネスコラム

タイ・バンコクビジネスコラムはタイ・バンコク進出企業のサポート支援情報から観光旅行やタイでこれから生活される日本人の方へタイ・バンコクの情勢や生活情報、観光旅行からタイのホテル情報までのタイのお役立ち情報を配信するタイ・バンコクブログです。

タイ経済、景気が悪化

バンコクポスト(タイ)によれば、フィリピンを除く東南アジア諸国連合(ASEAN) のほとんどで、景気が急激に悪化している。

理由は、中国経済が景気を下支えしていたが、中国が不動産バブルの崩壊、多くの業種で過剰生産設備(特に自動車は超過剰) でのダンピング輸出等が、ASEANの景気低迷につながっている。

タイ中央銀行は、景気底上げのため2回の利下げを実施した。それでも、輸出、小売、製造、農業にいたるまで低迷しており、唯一観光が中国人観光客増加で一息ついている状態と言える。

インドネシアも通貨ルピーが今年5.8%下落したものの、工業製品の輸出低迷、商品価格の下落などの問題に直面している。また、GDPの半分近くを占める消費が減少したことだ。

マレーシアでは4月に、6%の消費税が導入され、しばらくは消費が低迷すると予測されている。また、内需も縮小傾向にある。新規工場や不動産投資も縮小している。

ベトナムは輸出拡大へ通貨の切り下げを実施する可能性がある。しかし、競争的通貨切り下げでASEAN域内での競争は、望ましくない。

このように、今年年末にASEAN経済共同体(AEC)設立という画期的なことにより域内の関税等撤廃で経済成長に期待が集まっているが、果たして目論み通りになるか?心配である。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

タイ税務署からのある連絡

最近、お客様に税務署からある連絡がありました。

税務署員

「2014年12月期の法人税申告で税金を払いましたか?」

タイ子会社のタイ社員

「売上に対して、源泉税が多額に発生したため、法人税申告時に計算した法人税より、源泉税の方が多くなりました。このため、納税すべき法人税はなく、逆に還付になるため、申告時での税金支払いはありませんでした。」

税務署員

「御社の2014年度の利益率は、5%しかありませんでした。御社の業界の利益率は、10%〜14%ないとおかしいです。利益率が、業界平均の10%〜14%になるよう、一部経費を損金不算入し直して修正申告してください。修正申告しないなら、税務調査に入ります。」

タイ子会社のタイ社員

「このように、税務署が言って来ています。社長に相談したら、税務調査には入って欲しくないので、朝日ビジネスタイランドで修正申告をお願いします。」

こんな依頼がありました。ただ、何パーセントで修正申告するのかは、これから税務署と交渉するとのことです。せめて、10%で終わるように交渉してください。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

タイ、バンコクで昭和のにおいの串焼き隠れ家「桔梗」

20バーツのカッターシャツでお釣り
タイバンコク パッポンの焼き鳥居酒屋 桔梗

タイバンコク パッポンの焼き鳥居酒屋 桔梗

知る人ぞ知る、隠れ家「桔梗」。場合は、パッポンの裏側で、薄暗い駐車場の奥にあります。

すべて美味しいけど、「焼き鳥の皮」と「当たり目酒浸し」(ネーミングが最高) が特にすごいです。また、最後の仕上げに頼む、ざるラーメン。

「当たり目の酒浸し」ネーミングも味もGOOD!!

「当たり目の酒浸し」ネーミングも味もGOOD!!

うえの写真が、当たり目の酒浸し。

カリカリでないのにプリプリ鳥皮はしつこくなくジューシー

カリカリでないのにプリプリ鳥皮はしつこくなくジューシー

うえの写真の左に、鳥皮。一般的に鳥皮は、カリカリ感があるのが多いですが、ここの鳥皮はジューシーでかつ脂っこいひつこさがありません。

お釣りの20バーツでカッターシャツ

お釣りの20バーツでカッターシャツ

おあいそのお釣りの、20バーツが赤いネクタイ付きのカッターシャツに変身。

下の写真は、お店の一部。雰囲気的には、昭和40年代の駅裏にありそうな店です。団塊の世代が学生時代に通った小料理屋といった感じ。私が入って1時間後には、ほぼ満席になりました。もし行かれるなら、予約した方が無難です。

タイバンコクへ行かれたらパッポンの焼き鳥居酒屋 桔梗へ寄ってみてください。

タイバンコクへ行かれたらパッポンの焼き鳥居酒屋 桔梗へ寄ってみてください。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

タイの子会社社長(MD)のサイン?

タイでは、会社設立ほかいろいろなケースで社長(MD。マネージングディレクターの略です)のサインが必要です。場合によれば、100ページほどサインしなくてはならず、サインするだけで疲れてしまいます。ですから、サインは簡単なほうが楽です。

質問。

商務省に登記するタイ子会社社長のサインは、パスポートのサインと同じでないといけないのでしょうか? パスポートのサインはそのままで、商務省に登記するサインは別のもので登録することは出来ますか?

回答。

商務省への登記は、必ずしもパスポートサインと同一である必要はありません。

しかし、朝日ビジネスタイランドが質問を受けた場合「可能ですが、書類ごとに会社のMDとしてのサインと、個人としてのサインを区別してサインする必要があります。その区別が紛らわしいので、お勧めはしません。」と答えるようにしています。

パスポートを作られる時は、難しい漢字や長い名前の方は、英語にした方がサインが楽になるケースがあります。海外での経験がある方はパスポートのサインはオリジナリティーのある、シンプルなものにされている方が多いです。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

タイ人スタッフの困った辞め方

以前から、タイ人はジョブホッピングが多いという記事を何回か書きました。

当然、タイ人の中にも、我慢強い人、きちっと約束守る人、社会常識がある人等日本人の社会人に必要な要件を満たしている人もいます。

ところが、多くのタイ人は日本の社会人としての常識を持たないケースが多いです。

最近の、お客様からの相談事例を紹介します。

  1. この会社は、10人以下の商社です。就業時間は、8時からですがスタッフのただ一人だけが何時も8時に来てから事務所で食事をとっていました。他のスタッフからしたら、自分たちは8時までには食事を済ませ、8時から仕事を始めているのに、一人だけ就業時間中に食事するのはよくないとクレームありました。そこで、穏やかに、そのスタッフに伝えると、プッツンしたらしく、その場で「辞めます」と言ったので、社長は「それでは、仕方ない」と辞めるのを了解しました。ところが、そのスタッフは翌日には、労働局に行って、会社をクビになりました。と言ったとのこと、すぐに労働局から電話があり事実と違うと抗議しています。その後の結果は、まだ確認できていません。タイ人は、平気でウソつくのもいます。気をつけてください。
  2. 辞める時期。3月18日に、一カ月先の4月18日に辞めますというスタッフ。ソーンクランの休みをちゃっかり利用した辞め方です。これも、日本人的には納得しかねます❓
  3. 今年の、タイでのゴールデンウイーク中に、ラインで辞めますと通知するスタッフ。当然、引き継ぎなし。無責任極まりないと思いませんか?‼️こういうタイ人に対し法的制裁を考えること必要と思うのですが〜〜どうでしょう?でも、タイでは労働者を保護するような法律になっているため、なかなか法的制裁は難しそうです。

タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

円安なのに、会社設立後のお客様増加中?

円安のため新規会社設立案件は減少していますが、他のコンサルから会社設立後に弊社に変わって来られるにお客様は増加しております。

その要因としては、つぎのようなことでしょうか?

1.弊社は、日本人3名(内1名はタイ語堪能)と日本語わかるタイ人2名と日本語での対応スタッフが充実しています。

2.毎日、朝礼で当日の各スタッフの動向を全員が情報共有することができる体制にあります。

3.関係会社で、日本に税理士法人(岡山、名古屋、大阪、)があります。このため、日本の親会社が気楽に日本の事務所に相談できる体制を構築しております。また、日本親会社の要望で、日本語試算表や日本語決算書のサービスも提供しております。

4.決算を、基本的に3ヶ月以内に完了するよう(お客様側でも必要資料を準備して頂く協力体制があることが条件)実践しています。また、4ヶ月以内に株主総会を実施するためには、3ヶ月決算が必須です。

5.株主総会につきましても、正規の法的手続きをサポートしております。

6.お客様の要望により、月次財務監査サポートも提供しています。

これら、きめ細かいサービスによりお客様の要望に応えることを目指しています。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

タイ進出支援の朝日ビジネスタイランドは、五月一日から五日までお休みです

昨日は、ドムアン空港の先にある、パインハーストゴルフに行って来ました。

そこで、一緒した、Aさんの話しです。Aさんはタイ在住37年、独立して32年とのこと、現在は

プラスチックの製造工場を二箇所所有しており、日本の自動車メーカーとも取引して技術面ではどこにも負けない自信があるそうです。

今の時代は、学歴は全く意味を持たなくなっていること、一つの分野に秀でた人が成功する時代になっているのを、まじかで感じました。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

突然、タイ朝日に税務署来る‼️

今日、午前10時過ぎ、税務署員4名が朝日ビジネスソリューションタイランドにやって来ました。

なんと、全員女性です。私もいましたが、タイ語なのでタイ人のジョイさんとトン君に任せるしかなくとなりで、雰囲気を感じながら同席しました。

日本では、税務署対応は慣れていますが、タイでは初めてのため少し緊張しながら聞いていました。

税務調査なのか、現況調査なのかわからないのですが?

税務署から求められた資料、及び質問されたこと。

1.顧客の件数は?

2.売掛金一覧表を見せて。顧客との契約書

3.従業員の数は?

4.直近の決算書

5.営業時間は?

6.報酬の基準は?

7.一カ月の固定費は?

等2時間ほどで帰りました。上記の資料を五月始めに整理して、税務署に説明するため持参するそうです。

何もなく、終了しますように⁉️


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

タイ進出支援の朝日ビジネスの朝礼風景です

タイスタッフのスキル向上及び社内のコミニュケーション能力を高めるため、9時から当番を決め、今日の一言を話してもらっています。

その後、連絡事項及び 外出予定がある人は、皆んなに報告します。今日は、pui さんが誕生日でした。誕生日おめでとう〜〜。

 朝日ビジネスタイランドの朝礼風景 


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください

会社法改正‼️、タイなど海外子会社にも影響?

5月1日の改正会社法施行で、親子会社間の統治のあり方が変わります。

1. 親会社の株主が子会社の役員を訴えることができる制度。今まで、大企業は子会社の管理はやってきているが、しっかりしてこなかった中小企業に対応が必要です。

2. 特に、タイなど海外の子会社が要注意です。工場などで製品を作ることはきちっとやるが、内部統制の仕組みなどを確立する人材は、不足しています。

3 また、子会社が親会社との間で一方的に不利な取り引きをした場合の報告義務の創設等。これは、完全子会社の場合は問題になりません。(税務上は問題になる可能性はあります。) ただ、子会社が100%子会社でない場合は、子会社の少数株主が不利益を被るからです。子会社の少数株主の親会社への代表訴訟や子会社の債権者が、親会社の責任を追及することも出てくるであろう。

4. 親会社の関係者が子会社の社外監査役(監査役会設置会社)になれなくなりました。

このため、監査役会を廃止してこれまで通り、親会社から監査役を迎える動きが出そうだ。チエック体制は弱まりそうです。

会社法と税法との違いには気をつけてください。

今日の日経新聞を参照。


タイ進出から日本国内での相続税、法人税、所得税等税務相談なら朝日税理士法人岡山までお気軽にお問い合わせください。
タイ進出支援、タイ国内の税務会計なら朝日ビジネスソリューション株式会社(タイランド)までお気軽に(タイ国内専用ダイヤル)お問い合わせください
朝日税理士法人
朝日ビジネスソリューション(タイランド)
朝日税理士法人全国ネットワーク